人造知能想造Blog

戸田市政を考えてみる

埼玉県の戸田市、というところに住み始めてかれこれ、12年が経ちました。

小学一年生も大学生になる年月ですね。早いものです。

私の娘は小学校1年生と4年生。

この戸田市でソフトウェア開発の会社をやり始めてから、8年目です。そろそろ、また、あたらしく何かにチャレンジしたいなぁ、と思っていたら、なんともう直ぐ市議会選挙(2013年1月27日)だそうじゃないですか。お、それなら、と市議への立候補を考えてみています。結構まじめに。

発端は昨年のマンション購入です。購入自体は、ほぼ奥さんの意図です。「月々を支払うなら購入のほうが得なんじゃない?」という認識に、「娘の小学校区が変わらないこと」という条件をプラスすると、おのずと購入対象は絞られてくるわけで。そこで、マンションが建つというので購入してみました。それで奥さんが幸せになるなら、良いことだ、という判断です。1000世帯弱の大規模マンションです。

購入は、良いのですが、なんとまぁ、のくじ運の強さで、初代理事のくじを引きました。ちょうど、1年前。マンション理事なんて何をやれば良いのか皆目検討つきませんでしたが、合計15名もの理事がいて、管理会社の方も常駐するようなマンションです。清掃含めたスタッフは、40名からいます。そんなマンションで、「どうせ理事をやるなら」と副理事をしたのが始まりでした。

副理事を1年やって、いろんなことを思いました。たった、1000世帯、3000-4000人が気持ちよく生活したい、と思っているだけなのに、それぞれ価値観は違うし、意見もまとまらない。意見が統一できないとどうなるかということ、「何にもしない」となります。私はせっかちですので、「何も起こらない」ことにジレンマは感じますが、それだで頭にくるほど子供ではありません。それでも、できれば、「全体でどこかに向かっている推進力」みたいなものを感じながら生きていたいのですよね。

そんなことを思っていたら、市議選です。

いっちょ、自分の力を試してみようか、と思ってきました。

戸田市民 12万人全員の幸福とまではいきませんが、少なくない割合の皆さんが少しだけでも幸福になるように何ができるのか、いっちょやってみようか、と。

私は、IT 屋ですので、そういう土台を含めて、こういう感じに進めると良いな、と思うのはこんなところです。

・情報流通の促進
・起業しやすい土地の醸成
・大規模マンション居住者視点の要望/提案
・地域で子供を育てる、という教育の視点の拡充

まだ、本当に立候補するべきかどうか悩んでいますが、先ずは、現時点で思っていることを書いてみましたー。

[本日もらった資料一式]

IMG_0154_640.jpg

本来はもっと思想とか、理念とかが入ったものなのでしょうね。でも、こういう参画のモチベーションがあっても良いのだとは思っています。とにかく、全力でやりますよ。やってもよい、と言われてたら。

2018年7月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別アーカイブ

PAGE TOP

© 2015 ferix Inc.