人造知能想造Blog

英国で容量制限無しの SIM カードを手にしましょう

さて、連投です。
自分自身が忘れないうちに。

こちらにいると、基本、wifi を使うには「学校/職場」、「自宅(home stay先)」、「カフェ」となります。
カフェは滞在にお金がかかるので、基本的には「学校/職場」、「自宅」の通信環境の充実が欠かせません。

ただたまに、home stay 先で wifi が用意されていません。それはそれで依頼をすれば改善されるのだと思いますが、仕事ベースで利用するとなるとそこそこ快適な環境が必要です。ましてや、日本のレギュラータイムと打ち合わせをしようとすると、GMT(UK) で午前5時〜午前7時くらいに打ち合わせとなります。となると、家庭中が寝静まっている中、ダイニングで話をするわけにも行かず・・・。

という事で快適 & 無制限の SIM をどうやって手に入れるか、問題の解決方法です。実はこれはかなり大変でした。

まず、英国初入国でした、「pay as you go」の SIM をヒースローで手に入れましょう。他の空港はしりませんが、以下をご参考に。

あると便利なイギリス現地SIM! 日本&イギリスでの入手方法をご紹介

色々あるようですが、私の poor enclish & 夜中のヒースローで手に入れたのは「20GB/month 30ポンド」でした。5千円くらい。そんなに悪くは無いかな、と。

ですが、やはりそこはエイリアンの我々。色々なところで、google map さんや、google 先生にお世話になります。そして、日本からのメールもまだ通常レスポンスを期待してガンガンきます。ということで、2週間程度で、20GB は使い切りました。これは困った。次は、6GB毎に10ポンド、です。これはそこそこきつい。どうしても unlimited が必要だ!となりました。

そう言えば・・・。carrier に関してです。一緒に動いている友人間で比較すると、vodafone >> three > Giffgaff でした。EE の人は周りにおらず・・・。

vodafone の場合、unlimited は30ポンド/月、です。

・・・ですが!これは年間縛りの場合、です。月毎だと32ポンド。そして、この金額差はなんでも無いのですが・・・・。月額の定額サービスを受けるには英国の銀行口座が必要でした。これにやられました。

 1st:「契約変更?ok 簡単。すぐにできるよ」> 「ごめん、銀行口座が必要だわ」
 2nd:「口座つくったの(monzoで)?ok 簡単。すぐにできるよ」> 「ごめん、debit カードが必要だわ」
 3rd:「debit カード持ってきたの?ok 簡単。すぐにできるよ」> 「ごめん、monzo 無理だわ」

おいおいおーい!とついに3回目はちょっとカチンとして、「なんで monzo なら無理なのか説明おなしゃす!」となりました。で、奥から上司が出てきて、こんにちは、と許可されました。良かった良かった。

さらに。

vodafone の場合、利用料などを確認するのに vodafone アプリが便利です。ところが!、iPhone の場合 vodafone アプリは日本アカウントではアプリを DL できません。そこで、iTunes で、「アカウント」>「国または地域の変更」から UK に変更してください。この時に、またしても monzo カードが大活躍します。
#この iPhone のリージョン変更は強くお勧めします。お安くランチをいただくためのアプリ(Just Eat)さんなんかも日本アカウントだと DL できません。

ご参考まで。

have a good day, friends.

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別アーカイブ

PAGE TOP

© 2019 ferix Inc.