事業紹介

AI & IoT

研究開発の案件を多数対応している弊社はどんどん新しい技術を取り入れております。機械学習に代表される AI技術、そして、デバイスはどんどん小型化して IoT の世界へ。ferix は社会の進化をしっかりと感じ取り続けます。

「未来のニーズ」を満たしていくために

AI による物事の自動化や予測、 IoT を使った生活とインターネットのスマートな連携はもはや夢の世界ではなく、どんどん私たちの身近になりつつあります。そうした技術をコモデティ化していくこと、そして、コモデティ化される未来を予測して対応したシステムを開発すること。それが我々の楽しみです。

人々の暮らしを豊かにするソリューションが、知らず知らずのうちに社会に普及し、人々の生活が自然と便利になっていく。そんな未来のためにソフトウェアテクノロジーの力で社会に貢献したい。という想いを弊社は持ち続けています。
めまぐるしい進化を続ける技術を常に追い続けるのは、簡単なことではありません。ただ、幸いにも弊社は、創業よりご縁のある研究開発の受託から、未来の社会基盤に関わる研究やこれから活用されていくであろう技術に触れる機会に恵まれてきました。
その知見を活かし、また今後も最先端の技術に並走していく努力でもって、これからの生活を支える AI ・IoT 技術の開発に日々取り組んでいきます。

AI/Machine Learning

機械学習分野にはまだ世の中に出ていない理論が沢山あります。
研究開発を受託する立場として、そういった理論に触れられるのも我々にとって幸福で、刺激的な経験です。

例えばお客様の持つ、まだ研究段階の理論の有効性を現実世界のデータを使って検証するため、実際に使える形のプログラムを実装することで、機械学習の技術を用いたサービスの実現を目指すお客様のお手伝いをしています。

研究に特化しているからこそ出来る開発、創造力溢れる研究のお手伝いを通して、我々もこの技術への理解を深めていきます。もちろん、我々独自でも社会を変えるサービスを目指します。
ぜひ、一緒に取り組んでいきませんか。

Internet of Thing

ガラケーからスマホへ。スマホから、ウェアラブル、IoT へ。創業以来、多くのモバイル端末に携わってきた我々も、自然な流れとしてIoT に関わる開発に携わっています。

小型化、遠方伝送、計算能力の向上が進む今、それらを利用したIoT製品・連携サービスは様々な可能性に溢れる世の中となりました。人々が持つ「快適でいたい」、「根源的にわくわくしていたい、楽しく過ごしたい」という想いに応えるソリューションは何でしょうか。その答えを常に模索し、「生活に寄り添うもの」を主軸に受託・自社の両面から開発を進めています。

社会の成長に沿って進化するニーズ、人々から「この先」必要とされていくものを考えませんか。世の中に浸透するテクノロジーの基盤を一緒に作りましょう。

外部講師 ご紹介

ニッセイアセットマネジメント株式会社 運用戦略部ファイナンシャルテクノロジー運用室 シニア・ポートフォリオ・マネージャー 東出卓朗 (ひがしで たくお)

2010年三井住友銀行入行後、市場部門にて為替のインターバンクディーラー (通貨オプション・直物為替・アルゴリズム取引) 及びデスククオンツとして勤務。2015年よりクオンツファンドマネージャーとして銀行傘下の資産運用会社に勤務した後、2018年より現職。一橋大学大学院国際企業戦略研究科卒、米カリフォルニア大学留学等。

一橋大学で師事した藤田岳彦教授のもと、現在は中央大学大学院理工学研究科 確率解析・金融工学・保険数理研究室に所属し、確率解析を中心に研究に取り組む。研究分野は確率解析、人工知能・機械学習の応用。

© 2018 ferix Inc.