事業紹介

まいごひも

近くにいる安心をお届けします。鳴って知らせる見守りアプリ。

まいごひもでいつも一緒にいる子供や相手との
おおよその距離がわかります。

MAIGOHIMO(まいごひも)は BlueTooth 端末見守りスマホアプリです。

お子さんがお持ちのケータイ電話のBlueTooth機能をONにしてください。そして、MAIGOHIMO(まいごひも) で、そのケータイ電話を監視対象に ぽちっと追加。

それでけで、もう、MAIGOHIMO(まいごひも) はそのケータイ電話をず~っと見守り続けます。

「あれれ、見失っちゃった。」。すると、アラームで警告、スマホをマナーモードにしている人は、バイブで連絡。

サーバのURLを登録していると、対象端末と、名称、設定済みメールアドレスを通知する仕組みがついているので、自分でサーバを作れる スーパーエンジニアなら、見守り対象を見失ったことをメールで通知することも可能です。

URLを設定した場合のみ、そのURLにログ情報を送信します。 サーバはユーザ様でご用意ください。
ログフォーマットは次の通りです。 以下のデータをGETパラメータにて送信します。

  • メールアドレス(email)
  • 接続状態情報(connect 0:外れた 1: つながった)
  • 時刻(time, YYYYMMDDhhiiss形式)
  • 端末固有番号(BID) Android/ 設定名(name) iOS

Android

Android版は、見守り対象は、常時検出可能設定にしている、BlueTooth 2.3 端末です。見守り対象をAndroidにしたい場合、Android 2.1以前の初期のものしかこの「常時検出機能」が付いていません。見守り対象はスマホに変更する前のガラケーがちょうど良いかもしれません。

MAIGOHIMO をインストールした端末は、OS の機能で他端末とのペアリングをしてしまうと、MAIGOHIMO による監視は出来なくなってしまいます。

ご注意をお願いします。

iOS

iOS版の見守り対象は、BlueTooth 4.0端末です。こちらは、なかなか、BlueTooth 4.0をサポートしているモジュールが少なくて、以下より、購入をお願いします。

【ぶるタグ】
http://www.logitec.co.jp/press/2012/1108.html
【iPhone用探せるキーホルダー】
http://buffalo.jp/products/new/supply/2012/03/990/

両機とも専用アプリが付属していますが、複数端末を同時に制御できるのは MAIGOHIMO(まいごひも)だけです。※1
※1 2012.11.1 現在

User Interface Design 箱庭企画 http://hakoniwakikaku.com/

代表取締役 ご挨拶

代表取締役 川原弘行の人造知能想造Blog

お問い合わせ

サービスやご依頼に関するお問い合わせはメールフォームにて24時間承ります。

各種お問い合わせはこちら

お電話のお問い合わせはこちら 03-6909-6897

PAGE TOP

© 2018 ferix Inc.