人造知能想造Blog

部長、お疲れさまでした

今日、お客様先にお伺いしますと、突然お話をいただきました。

私がお世話になっている現場の部長さん、開発部の部長さんでは無くて、事業部の部長さんです。その方が先週末お亡くなりになられていたとの事を伺いしました。

開発部の部長さんの上司ですので、私とは直接の接点はあまりありませんでした。少なくとも開発業務という意味では 0 でした。それが、昨年秋の展示会の出店時に一緒にアテンダントをさせていただいたご縁がありまして。その後はちょくちょくお声がけをいただけるようになりました。仲良くとはとても申せませんが、非常にお世話になっていると感じている部長さんでした。

その方は、先週の木曜日の夜、自宅にお戻りになられていつも通り睡眠をとられて、金曜日に、他界されたそうです。

木曜日の夜、開発部全体としては製品のリリース日で、数日前より部員の皆様はバタバタとしておられました。木曜日の夜も問題が収束せず、その部長さんも遅くまでおられました。

22時くらいに別件で打ち合わせをさせていただいていると、目の間の廊下を部長が行ったり来たりされていました。

私:「どなたかお探しですか?」
部長:「うん。XXX 君は見なかったですか」
私:「先ほど、上階にあがっていきましたよ」
部長:「そうですか。1人でしたか?2人でしたか?」
私:「お2人でした」
部長:「そうですか。ありがとうございます。」

そんな会話が私と部長の最後の言葉となってしまったようです。

今日も私の左前に部長のお席があります。いつも会議会議で離席されていることが多かったですが、今日はがらんとしています。まだまだ山積みの書類、PC への接続口がぷらんとしている PC の充電器のコネクタ。部長がいつ帰ってこられててもすぐにお仕事ができそうです。

私たちが開発しているフロアは、島が 38 あります。ざっと数えると 400 人程が仕事をしています。

部長の事実をお知りになっておられない方々も多いかと思いますが、基本的に部長のお席で立ち止まる方は居られません。部長のお席の横を通る方も全くいつもと、今までと同じように通り過ぎます。

部長。部長。

大きな声で話される方ではありませんでしたが、ご指摘の箇所はいつも適切でした。手詰まりになったと思った際にいただく提案はいつも我々の事を思っていただいていた提案でした。

部長。部長。

お返事くださいよ。

また、いつもの席に座ってくださいよ。いつもの席で、大きな背中を小さく丸めてパソコンと向かい合ってくださいよ。

部長。部長。

また、お会いしましょうね。それまでに沢山のお土産話、作っておきます。

暫くの間、失礼します。

2019年9月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別アーカイブ

PAGE TOP

© 2019 ferix Inc.