人造知能想造Blog

アバター観てきました(IMAX)

遅ればせナガラ。

観てきました。本日。
劇場 3D の表現力がどうしても知りたくて。

以下の Blog とか読むとどうしても気になって。

 アバター』3D全方式完全制覇レビュー
 http://itsa.blog.so-net.ne.jp/2010-01-15

   #勝手にリンク貼ってごめんなさい(笑)。

まず、皆さん既にご存じだと思いますが、3D 映画は眼鏡をかけます。
#今のところ、TV も、ですよね?

以下、ざっと感想です。
 ・感覚としてはやはり、眼鏡は邪魔。後述しますが、やはり、近視の方はハンデです。私は SE なので、当然近視です(笑)。
 ・眼鏡をかけなければ、いわゆる 3D 画像を想像してもらった通り、ダブった画像が見える(当然ですね)
 ・IMAX の場合、首を傾けても上記と同様のダブりは発生
  ※ただし、姿勢を維持するのがしんどい、というほどのものではありませんでした。
 ・何より凄かったのは音響でした。
  ※ IMAX って音響も規定されているのですよね?

結局、映像の表現力を観に行ったのですが、びっくりしたのは音の表現力のほうでしたね。

しかも、実は左のコンタクトがずれていて始終画面はぼやけていました。それが、なぜぼやけているのか気付くまでに、2.5hかかってしまいました。余りにも映像がにじむことに違和感を感じたのは文字だけが表示されているエンドロールというお粗末な落ちはついています。

2018年5月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別アーカイブ

PAGE TOP

© 2015 ferix Inc.