人造知能想造Blog

今月の言葉 2015.4

さてさて、4月となりました。

中期/短期の経営計画も策定させていただきましたので、そちらの公開を・・・、とも思いましたが、お恥ずかしいので隠しまして。(笑

恒例の今月の言葉、でございます。

ss_2015_4_1

我々エンジニアはどうしても早口で話がちです。「聞いて!聞いて!あのね、ぼくね、考えてきたの!」とは言いませんが。

まぁ、心情的には似たものなのかも知れません(特に私は)。お話をさせていただくのは聞いていただく方に受け取っていただくため。そう考えると、自ずと話し方は決まっていますよね。原点に返ろうと思いまして。

ss_2015_4_2

まぁ、これは恥ずかしながら・・・・、ですが。自分達は何をすべきか、を少し抽象的に書いてみました。

もちろん、ここで言う「リーダ」とは弊社の「リーダ手当をもらっている人」という訳ではありません。どの局面でも、リーダであり、「社長(プレジデント)」である局面があるはずです。そう言う事を書いたつもりです。決して社員の皆さんは、「社外に飛び出さなくて良いよ」というつもりはありません。逆に、私が社会と戦っていなければ叱咤激励お願いします、という視点で記述しております。

ss_2015_4_3

こちらは、自らをの長所をはっきりわかる事でより成果物の質を上げる為に明記させちただきました。

弊社はエンジニアの会社ですが、質、それも、「気持ちによる質」を大事にしていきたいと思っております。

Ferix に関わる皆さん全員で幸せのエントロピーを増大させていけますように。

さぁ、今年度も頑張りますよー!

今月の言葉 2015.3

さて、3月も半分を過ぎました。

ありゃー。今更ですが、今月の言葉を掲載させていただきます。

決して忘れていた訳ではございません。社内での周知に時間がかかってしまいまして。この時期の掲載となってしまいました。

今月は計4つありましたが、いくつかはしょって、以下の2つを抜粋。

スクリーンショット 2015-03-19 11.07.15

ほんと、そうですよね。かつ、教える事で自分が理解する事は非常に大事です。特にこの世界は「動いたからわかっている」となりがちなので。また、「教えてもらう技術」というのも教える立場に立って始めてすんなり、自分に落ちます。

スクリーンショット 2015-03-19 11.07.30

もっともっと、わくわくやっていきたい。

その為には皆が気持ち良くならないと。うちのメンバは皆すごいんですから。もっともっと褒め合ってやっていかないと、ですね。褒める事を恥ずかしがっていてはダメだ、と強く思っています。会社でもっと「すごーい」という言葉が飛び交いますように。

xcode で c 言語のコンパイル

表題の件。

なーんでも無いのですがちょっとびっくりする程はまったので、共有。
#この文章はそんな方に届くのか・・・?(笑

xcode の objective-c で c 言語や、c++ はコンパイル可能です。やり方は沢山 web 上にありますので、ご参考まで。特段、難しい事でもありません。

ところが。ちょっとはまりました。
コンパイルすると「リンクエラー」。

c 言語で書いたクラスに以下の記述が無かったので、c++ から見えませんでした。

==
#ifdef __cplusplus
extern “C” {
#endif
==

まぁ、よくある奴ですよね。
で、上記の対応をする前に、以下の対応をしてしまいました。当該ファイルに対するコンパイラの指定を xcode の gui で実行してしまったのです。

具体的には以下の設定。

スクリーンショット 2015-03-18 8.17.56

このファイルは「c でコンパイルするよ」と。
この設定で、c++ のソースからは呼び出す事ができました。

ところが、当該ファイルの関数を objective-c から呼び出すとまたして「リンクエラー」。
呼び出し元が、C++ ソースならコンパイルに成功するのに、objective-c ソースなら、リンクエラー。かなーり、ハマりました。

しかも、上記の設定をしたのが私では無かったのでだいぶ悩みました。
結果は、設定ミス。上記の[extern “C”]さえ書いておけば、対象の c 言語ソースのコンパイラ設定は以下のデフォルトの設定のままで良かったようです。

スクリーンショット 2015-03-18 8.17.43

いやー、時間取られましたー。

コウモリにみられる“チープデザイン設計”による“スマートなアクティブセンシングシステム”

昨日、同志社大学の「”新ビジネス”フォーラム」に参加してきました。
私の母校です。

どうしちゃったの大学。

あ、母校を悪く言ってはいけませんね。特にフォローする訳ではありませんが、素晴らしい大学でした。特に田辺キャンパスは。なにより、田舎にあるので非常にアカデミック。素晴らしい環境だったと思います。

その母校が、先日「スーパーグローバル大学」の選から漏れました。残念、というかとほほ、です。

○ スーパーグローバル大学
 http://www.jsps.go.jp/j-sgu/

○ wiki にも以下の記述
==
本命とみられていた一橋大や神戸大、同志社大などが落選するなど、波乱含みの展開となった
==
 http://ja.wikipedia.org/wiki/スーパーグローバル大学

まぁ、それは良いとしまして。

「”新ビジネス”フォーラム」とは要は産学連携していきましょう、という枠組みです。同志社は関西基盤で関東が弱いので関東版を立ち上げました、という事です。もちろん、新島スピリッツを引き継いで、という事ですが。

その際に、2つの研究テーマを発表いただきました。

以下の2つ。

 1) 知的照明
  http://www.nikkeibp.co.jp/article/tk/20111114/290339/?rt=nocnt
 2) コウモリにみられる“チープデザイン設計”による“スマートなアクティブセンシングシステム”
  http://www1.doshisha.ac.jp/~bioinfo/concept.html

1) は私の出身中学の先輩がされている研究です。何度かお話を伺っていて、今回で3回目。何度目でも面白いお話です。今回も為になりました。

逆に、1) を聞きに伺ったのですが、2) が新鮮で面白かったです。

特に「チープデザイン設計」という概念が。

人間は主に視覚から情報を収集しています。特に覚醒している状況ではほぼほぼ視覚。視覚とは非常に情報量の多い感覚器です。ですので、人間が考えるセンシングシステムは非常に「重い」システムになる、という論調です。コウモリはほぼ「音」しかない。かつ、脳の処理能力も非常に低い。ただ、それで、狭い洞窟内に群がるコウモリは相互に高速で飛行しながらも衝突は発生しない、という事実があります。

空間認識という非常に多大な計算を要するように感じられる処理も、対象を絞り込めば、単一センサで、かつ、処理量少なく、かつ、精度の高い解析結果が得られるのだ、という事をお話いただきました。

目からうろこ。

現在、弊社では IoT の到来(本格普及)に伴って、センサを山ほど利用したサンプルアプリを作成しています。そしてやればやる程泥沼にハマっています。
#上手く解析できずにおります。。。

発想の転換とはこの事ですね。

もう一度、原点に戻って考え直してみます。

とても、貴重な時間をいただきました。

飛龍先生、ありがとうございました!

無料版 手帖ライフ をリリースしました!

もう、2015年も1ヶ月と半分以上が経過しました。
今年も 1/10 程おわりましたね。

はやい!早すぎる!!!

まだ、何も結果出せていないのに!

と思っていましたら、社内のメンバがやってくれました。

iPhone向け 歩数計付きスケジューラアプリ「手帖ライフ」の無料版をリリースしました
 http://www.value-press.com/pressrelease/137641

既に有料版は リリース済みですが、もう一度キャプチャも添えてみますね。

ss_2015_0219

手元では、1.2版も開発中です。

こちらは、ちょっと新機能が面白そうです。

「スケジューラを身近に!」というスローガンの元、もっともっと色々考えてみます。

ぜひ、お試しくださいませー。

今月の言葉 2015.2

もう、2015年の1月が終りました。

早いですねー。

一歩一歩と思い定めていますが、一歩が遅すぎるかも。。。。びびっております。

さて。

昨年5月来、弊社では「今月の言葉」というものを掲げております。1つ/月 ではありませんので、現在社内の壁には溢れかえっております。(笑

先日、社員の皆様より指摘をいただきました。

「せっかく、川原さんが考えておられるのですから、世間にアピールしましょうよ。」と。

なーるほど。何へのアピールになるのか分かりませんが(笑、弊社は仲間を募集しておりますので、ひょっとして誰かのどこかの琴線に触れるとご応募などいただけるかも知れませんね。

ぜひぜひ、という事で HP の改修依頼も実施中ですが、まずは Blog からやってみましょう。

今月は以下の3つです。

今日やらなくても明日はやろう

今日やらなくても明日はやろう

まず、始めて見ないと。

「それって続くんですか〜」とか不要です!まず、一歩!!!

小企業病の克服

小企業病の克服

昔から「大企業病」って言われますよね。私も色々見てきてます。でも、「小企業病」の方がまずい!体が小さいとすぐに倒れます。あぶない、あぶない。もっと手元を見つめないと。

まず目標

まず目標

1にも、2にも「目標」。特にリーダは。リーダが目標を掲げないと、ついて行く人は誰に何処について行けば良いのかわかりません。

ついてくる方々がアクセル踏める環境を整えるのがリーダのシゴト!

こんな感じです。

来月に、乞うご期待。(笑
#それこそ、続くのかいな。。。。

ferix 10大ニュース 2014

今年もお世話になりましたー!!!

今年は年末大晦日、本日まで開発が続いており、なかなか収まらないです。

それでも、時はやってくる。明日から、2015年でございます。

毎年恒例ではございますが、1年の振り返りということで 10 大ニュースを発表させていただきます。

今年は内部の変革を進めた一年でした。来年は外部から見て大きく変われるように。大きな一歩を踏み出せるように。自分達自身で来年を思いっきり楽しみにして、本年の最後の一日とします。

来年もよろしくお願いしまっす!

1) 設立10年目に
 2005年8月設立の弊社ですので、今年で10年目に突入しました。
 来年は10周年記念ですね。記念の年です。
 これまで、沢山のメンバに支えられて会社があります。沢山のお客さんに支えられて
 会社があります。お客さんだけでは無く、沢山の方々に支えられて会社があります。
 10年ですのでそろそろきっちり恩をお返ししていかなくてはならない段階ですね。
 自分達を未熟未熟と言ってはいられません。
 お世話になりっ放すだけではなく、しっかりと皆さんに恩をお返ししていかないと。

2) 手帖ライフ、リリース
 iOS アプリ「手帖ライフ」をリリースしました。
 こちらです。

  http://www.ferix.jp/products/techoulife.html

 「これまでスケジュール管理をしてこなかったユーザにスケジュール管理の素晴らしさを」
 というコンセプトで開発させていただきましたアプリケーションです。今は iOS 専用です。
 Android をお持ちの皆様、少々お待ち下さいませ。
 「次に何をしなければ」というようなものがスケジュールと思われがちですけども、
 「今日食べ過ぎたし、明日はちょっと控えよう」とか、「今日、髪を切ったし次は1ヶ月後だな」
 とかもスケジュールですよね。もっと言うと「あ、今日のお月さんきれやな」って思った事が
 1ヶ月後に「1ヶ月前はそんな事を思っていましたよ」と教えてくれるカレンダ/スケジューラ
 があっても良いと思っています。そうすると、「あー、1ヶ月前は気持ちに余裕があっただなー」
 とか。
 もっと皆さんにカレンダ/スケジューラを使ってもらいたい、そんな思いで開発しております。
 今は、歩数計を搭載しておりますので、歩数計をチェックする楽しみとスケジューラの融合を
 お楽しみください。

 年内には、1.1 版をリリースだったのですが。。。。
 もう暫くお時間ください。年始早々にはリリースさせていただきますので。

3) 自社アプリ、連続大量リリース
 ほぼ、2) と同様ですが、こんなに大量リリースした事はありませんので、大ニュースです。(笑

 面白ひめくり
  http://www.ferix.jp/products/himekuri.html

  「スケジュールを面白いコンテンツとして見せれないか」というコンセプトで開発しました。
  コンセプトの提案アプリです。

 メトロアイ
  http://www.ferix.jp/products/metroeye.html

   東京メトロの「オープンデータ活用コンテスト」の出典作品です。

    http://tokyometro10th.jp/future/opendata/

   メトロの駅に集合する場合、皆で乗ってる電車を教え合う、というアプリです。
   「あいつ、遅いなー」とか「お、あいつもうちょっとかかるし、コンビニ寄ろう」
   とかができるようになるアプリです。
   残念ながら、関東在住の皆様にしか楽しんでいただけません。。。残念ー。
   来年は、本アプリの GPS 版をリリースしようかと。ですと、関東以外の方でも楽しんで
   いただけますものね。

 Clarion 様向けカーナビアプリ

  http://www.clarion.com/jp/ja/info/new/2014/1225-1/index.html

Clarion 様向けにカーナビ専用アプリを開発させていただきました。
  本日の一品や、都道府県クイズ、ができますよ。ドライブのお供にぜひ連れて行って
  あげてください。

  「今日から がんばるまる〜」

4) 本社移転
 2014年4月に本社を移転しました。
 これで、戸田市で4つ目の本社です。ワンルームマンションから始まって・・・・、10年で
 やっとここまで来ました。IT 産業でこのスローペース・・・、大問題ですかね。(笑
 2015 年以降、加速しますよ。そろそろ本気出します。

5) 3役会議定例化
 会社のガバナンスを見直しました。
 これまで、私一人で専任で検討していた社内運営を分担体制に移行。まだまだ、途中ではありますが
 意味ある活動になっていると自負しています。これで、私自身の負荷を下げて、より経営に専念できる
 環境が整いました。
 しかも、私は実行が下手ですのでその点でも多いに助かっています。
 もっともっと改善ポイントありそうですが、まずは、一歩一歩。

6)「今月の言葉」開始
 是非一度、弊社にお越しくださいませ。
 エントランスからずら〜っと続く、弊社の「今月の言葉」これも、移転を機に本年5月から開始しております。
 「挨拶の方法」から「人に優しく!」とか「プロジェクトのタスクの消化方法方針」まで多岐に渡り毎月
 2-3個づつ、私が気づいた事を張り出しております。
 来年はそろそろ整理が必要かも知れません。「沢山あると、一つも無いのと同じ事」かも知れません。
 でも、まずは示さないと私の思いは伝わらないと思うのです。
 来年、弊社の活動の根底となるキーワードは決まっております。それも年始に皆さんに発表しないと。

7) 人財募集強化
 人財の募集を強化しております。
 ところが・・・・、昨年入社の方は 0 名。正確には、数名の仲間が増えておりますが・・、
 2014年12月31日時点で、社員の純増は 0 名です。残念!
 もちろん、皆さんが辞めていかれている訳では無いですよ。色々あります。
 来年、もっともっと仲間を増やしたい!

 どなたか、良い方居られませんか?
 プログラミングができる方、難しい事を考えるのが好きな方、tech crunch とかずっと見ている方、
 部下に厳しい事が言える方、キャラを動かすアニメーションが得意な方、どんな方でも結構です。
 どの部署でも不足している弊社にぜひご協力くださいませ。

 「私自身が愛せる方」というのが入社条件です。

 私自身の人となりは、この blog で筒抜けです。ぜひ、立候補/他薦、お願いしまっす!

8) スキル標準選定
 人財の強化に向けて、弊社のスキル標準もさだめさせていただきました。
 以下となります。

  http://www.ferix.jp/blog/?p=1124

 大したことはございません。
 スキルは入社後磨いていただけますので、まずは飛び込んでくださいませ。

9) 評価基準制定
 設立10年目ですが・・・・、やっと明確な評価基準を制定させていただきました。
 スキル標準と合わせて、ferix が目指す人財像を提示できたと自負しています。
 年功もありますし、プロジェクト以外の事も評価します。
 ただ、もっとも評価することは「良いプロダクトを作れるか」というところです。
 弊社はあくまで ソフトウェア の開発会社ですから。
 「ものづくり」の「楽しさ」、「責任感」からぶれるつもりはありません。

10) SUS さん連携強化
 表題の会社さんとの連携強化が目立った 2015 年でした。
 これまで独自路線を突っ走り過ぎて、あまりにも偏った会社となってしまっておりましたが、
 少しづつ是正されてきたのでは無いでしょうか。
 ただ、まだ私の意識が変わっただけかも知れません。やり方を含めて、私が10年かけてつくって
 しまっていた、「悪いもの」があるならば(沢山あると思いますが)、それを改めて行かなければ、
 ですね。

さて、2014年はこれまで以上に全力で突っ走ってきましたが・・・・。
そろそろ、タイムアップです。

振り返れば10年目に突入してなお、それほど変われていませんね。結果も出せていません。
来年は結果にこだわりたいです。

円安が進む日本ですが・・・、世界にも負けずに行きましょう!

微力ながら日本経済の一翼を担う集団として、頑張りますよー!!

過去の10大ニュースはこちらからどうぞ。

 ferix 10大ニュース 2013

php の処理性能が意外な所で悪化した件

珍しく技術的な記事を。

もう、年末ですねー。
そろそろ、お仕事も終わりにしたいのですが、今年はダメのようです。もう少し頑張れって、神様が。

先日来、ミリ秒オーダで処理を依頼されている案件がありまして。

意外な所で php の処理性能が悪化したので、備忘の為記録。もう、皆さんには当然でしょうか。

環境は AWS。web サーバは apache 2.2.15。php は 5.3.3。

以外と性能ネックになっていたのは以下の処理2つ。

1) microtime()

2500 回のループ処理で、4[ms]。
よくデータ処理時間の記録等で多用される可能性も高いですよね。要注意です。
しかも、システムリソースに逐次確認が入るらしく、cpu リソースを使いきらない処理となる模様。
#ほんとのところはよくわからない。

2) 参照先未定変数利用

例えば定義し忘れた変数を使う場合。

いきなり、「echo $hoge;」等として、$hoge がどこにも無いパターンも該当。こちらは1処理あたり、3[ms] 必要。

これだけだと「そらそーだよね」と思うのですが、ちょっとびっくりするのがこんな例。

==
// 関数定義
function hogeFunc($a1, $a2){
// nop
}

// 呼び出し側
hogeFunc($arg1); // < 2つ目の引数を指定していない == 上記の呼び出し形式で、hogeFunc を呼び出すと、関数呼び出しは当然正常に動作しますが、関数呼び出しコストがかかる(今回の場合、3[ms])。 えー、お作法守っているのにー。要注意です。 とまぁ、あんまりお役に立たない情報ですかね。 お後がよろしいようで。

さんご草の里 かがり屋さん

弊社はシステムの開発会社ですが、コンテンツも提供しております。

現在、日本全国の料理を紹介するようなコンテンツを制作しております。
47都道府県の郷土料理を紹介するコンテンツなのですが、その中に「わっぱ煮」というものがあります。

wikipedia の説明はこんな感じです。

==
曲げわっぱ(木の板でできた器)の中に新鮮な焼いた魚、ねぎ、味噌、水を入れ、よく熱した石を入れる。
石の熱でわっぱの中は煮えたぎり、調理完了となる。
==

ね、漁師料理っぽいですが、美味しそうでしょう?できれば、お店ではなく、現地で食べたいですよね。

この料理を紹介させていただこうと色々と写真をさがしたのですが、なかなか良い写真がありません。

途方に暮れていますと良い写真がありました。

わっぱ煮

ね、凄い美味しそうでしょー。

ところが、この画像、とあるお宿さんの夕食紹介画像だったのです。

それが、タイトルの「かがり屋」さんです。

 http://www.kagariya.cc/

暫く悩みましたが思いきって「かがり屋」さんにお電話してみました。画像を使わせていただけないか・・・、と。

すると、なんと、まさかまさかの ok をいただきました。「お困りのようですし、うちのものでお役に立てるなら ok ですよ」との事。


なんと、なんと。まさかです。

いい人居られますね。そして、やっぱり、いいなぁ人と人って、と強く思いました。もっと感謝の気持ちを持って日頃から生きなければ、と。ココロを受けると書いて「愛」と読むそうです。愛は与えるものではなくて、まず受け入れるものなんだなぁ、なんて最近気づきました。

「かがり屋」さん、ぜひ一度伺ってみたい。

非常に残念ながら、とても遠くなんですけどね。

そして、わっぱ煮をたべてみたい。

ferix のスキル標準

採用、教育、社内評価を見直しています。ferix の次の成長に向けて色々と社内制度を改革中です。

その一環で、これまで口頭で都度共有していたスキル標準を一覧表にしました。

皆としっかりと共有して、目指すべき方向を一致させてたいと思います。

主に若い子向けですが、こんな感じです。

技術に関して。

スライド1

ヒューマンスキル、ビジネススキルに関して。

スライド2

先月中旬から、新しいメンバも増えています。

どんどん新しいメンバが増えて行くのでしっかりと形にしないと口伝だけでは伝わりませんからね。

まず、掲示してみました。

IMG_0522

あ、凄い暗かった。。。。

« 前のページ次のページ»

2020年1月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別アーカイブ

PAGE TOP

© 2019 ferix Inc.